【営業時間】9:00~18:00 【定休日】日曜日・祝日
TEL: 0267-88-2306 / FAX: 0267-88-2305
定休日も不定期で営業している場合がございます。お電話でご確認ください。

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  甘酒・米こうじの美肌水・甘みそ(おなっとう)の作り方

甘酒・米こうじの美肌水・甘みそ(おなっとう)の作り方

甘酒の作り方

用意するもの

優良こうじ 700g
60℃のお湯 約1.7L(kg)
保温ジャー (炊飯器)
温度計  

作り方

1.ほぐしながら入れる。

2.60℃のお湯を加えよく混ぜる。

3.1,2を1時間おきにかき混ぜ5~7時間で内容を出し冷ます。

4.一度煮立たせる。(塩少々入れる。)

5.できあがり。

※甘酒を煮立てますと日持ちは良くなりますが、70℃以上に温めるとこうじの各酵素が失われますので健康効果は弱まります。こうじおよび甘酒は、冷凍にしておきますと半年から1年保存ができます。

塩こうじの作り方

材料

米こうじ 350g
塩(なるべくミネラル入りの海塩が良い。) 100g
お湯 400cc~500cc

作り方

1.お湯に塩を溶かす。

2.1が60℃以下に冷めたら、こうじとよく混ぜる。

3.保存容器に移し、常温でねかせる。全体に空気が入るように1日1回かき混ぜ、暑い時期になら1週間、寒い時期なら2週間でこうじが指で押せるほどになったら完成です。完成後は冷蔵庫で保存し、約3ヶ月を目安に使い切る。

使い方

野菜、魚、肉、豆腐、ゆで卵などを数時間~数日間漬けて食べる。食材によってそれぞれ付け時間を工夫する。
※塩こうじは甘酒と同様な成分が出ますので、おいしさが増し、体に良いヘルシーな調味料と言えます。

米こうじの美肌水の作り方

米こうじ50gに約60℃のお湯400ccを入れ、かき混ぜて3~4時間置きます。これをふきんでこしてできあがりです。冷蔵庫で保存し一週間くらいで使い切る。冷凍保存可能。この美肌水を手、顔、全身に使うとお肌がしっとりすべすべになります。こうじに含まれるビタミンBとこうじ酸の効果と言えます。

甘みそ(おなっとう)の作り方

用意するもの

優良こうじ 700g
白米(もち米配合でもよい) 4~5合
約60℃のお湯 200cc
温度計
少々

作り方

1.米を洗い、炊飯器で柔らかめに炊き、約60℃に冷ます。

2.こうじ700gに約60℃のお湯を入れかき混ぜて5分位置く。

3.1の中に2を入れ良く混ぜる。これを炊飯器に入れ保温にする。約60℃になるように工夫する。

4.3を1時間おきにかき混ぜ5~7時間でこうじがよく溶けたら内窯を出し早めに冷ます。

5.4に塩を少々入れ、できあがりです。

食べ方

  • 煮た豆類、くるみ、ピーナッツ、果物などをのせてお茶受けに食べる。
  • 焼いたもちにつけて食べる。
  • 食パンにつけて食べる。
  • ヨーグルトや牛乳などに混ぜて飲む。
  • べったら漬けなどの漬床に使う。
  • 砂糖の代わりとして料理に使う。

※甘みそは甘酒と同様に体に大変良い成分が多く含まれております。健康と美容にお役立てください。
※こうじは冷凍にしておきますと長期保存ができます。(半年~1年)
※こうじに変質等などございましたら交換させていただきます。

お問い合わせ

当店でお取り扱いしている商品についてご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

また、飲食関連の業者様へ、卸売り販売も行っております。
ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。

山本屋糀店
TEL: 0267-88-2306 /
FAX: 0267-88-2305

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】日曜日・祝日
※定休日でも不定期で営業している場合がございますので、お電話にてご確認ください。

【所在地】〒384-0701 長野県南佐久郡佐久穂町畑983-1
【アクセス】JR小海線八千穂駅から徒歩10分